« Firefoxでflash プラグインがインストールできない | トップページ | Cactiでディスク容量の監視、/boot 領域の監視追加 »

メモリとSwap領域の確認

<環境> CentOS などLinux 系 OS

メモリとSwap領域のサイズや状態を調べるには以下のような方法がある。

Swap領域が有効かどうか

$ /sbin/swapon -s

Filename Type Size Used Priority

/dev/mapper/VolGroup00-LogVol01 partition 2031608 0 -1

メモリとSwap領域のサイズ

$ cat /proc/meminfo

MemTotal: 1032996 kB

MemFree: 114212 kB

Buffers: 77204 kB

Cached: 561616 kB

SwapTotal: 2031608 kB

SwapFree: 2031608 kB

Swap領域のサイズ、プライオリティ(swapが複数ある場合)を調べる

$ cat /proc/swaps
Filename            Type Size Used Priority
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol01 partition 2031608 0 -1

論理ボリューム/dev/mapper/VolGroup00-LogVol01の実態を調べる

# lvdisplay /dev/mapper/VolGroup00-LogVol01

--- Logical volume ---

LV Name /dev/VolGroup00/LogVol01

VG Name VolGroup00

LV UUID ObK2Z5-d17d-OP3S-lHbV-821p-lxe1-aWk6Fe

LV Write Access read/write

LV Status available

# open 1

LV Size 1.94 GB

Current LE 62

Segments 1

Allocation inherit

Read ahead sectors auto

- currently set to 256

Block device 253:1

メモリ、Swap領域の使用状況を調べる -k KB単位表示、-m MB単位表示

以下では約100MBがfreeとなっている。

$ free -kt

total used free shared buffers cached

Mem: 1032996 924056 108940 0 78676 586404

-/+ buffers/cache: 258976 774020

Swap: 2031608 0 2031608

Total: 3064604 924056 2140548

Swap領域の起動時サイズ設定を調べる。オプションはないので、「0 0」となっている。

fstabに「swap」とタイプ指定がある場合、swapon -a , swapoff -aで複数のスワップ・パーティションをすべて有効にできる。ただし オプションが"noauto" のものを除く。ちなみに、swapには特定のマウントポイントがない。

$ cat /etc/fstab

# This file is edited by fstab-sync - see 'man fstab-sync' for details

# ファイルシステム マウントポイント タイプ オプション ダンプ間隔 パス番号

/dev/VolGroup00/LogVol00 / ext3 defaults 1 1

/dev/sda1 /boot ext3 defaults 1 2

:

/dev/VolGroup00/LogVol01 swap swap defaults 0 0

Swap領域の使用状況を調べる

# df -H /dev/VolGroup00/LogVol01

Filesystem Size Used Avail Use% マウント位置

- 529M 173k 529M 1% /dev

メモリとSwapの使用量を動的に調べる

$top

top - 11:18:08 up 5 days, 17:36, 3 users, load average: 0.00, 0.00, 0.00

Tasks: 132 total, 1 running, 131 sleeping, 0 stopped, 0 zombie

Cpu(s): 0.2% us, 0.0% sy, 0.0% ni, 99.8% id, 0.0% wa, 0.0% hi, 0.0% si

Mem: 1032996k total, 919720k used, 113276k free, 77200k buffers

Swap: 2031608k total, 0k used, 2031608k free, 561360k cached

:

同じく、10秒おきにMB単位で表示 si... swap in、so... swap out

$ vmstat 10 -S M

procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- ----cpu----

r b swpd free buff cache si so bi bo in cs us sy id wa

0 0 0 111 75 548 0 0 1 5 32 2 0 0 100 0

0 0 0 111 75 548 0 0 0 13 1013 109 0 0 100 0

0 0 0 111 75 548 0 0 0 0 1013 102 0 0 100 0

:

Linuxのswapは面白い。複数のスワップ・パーティションのプライオリティを同じにすることで、RAID 0 ストライプのようにスワップを並列化して使用することが出来る。

詳しくは、以下などを参考に。

IBM スワップを最大限に活用するには

SOURCEFORGE.JP Linuxのスワップ処理を最適化するためのヒント

« Firefoxでflash プラグインがインストールできない | トップページ | Cactiでディスク容量の監視、/boot 領域の監視追加 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモリとSwap領域の確認:

« Firefoxでflash プラグインがインストールできない | トップページ | Cactiでディスク容量の監視、/boot 領域の監視追加 »